STUDIO-K Infinity

ぴよ将棋 リリース履歴

最近の履歴はこちら>>>
■2016/08/29 ver2.0.5
・持ち時間の指定ができるようになりました
  持ち時間:5分+10秒、10分+15秒、15分+60秒、30分+60秒
・トップ画面に「棋譜中継」ボタンを設けました
  ブラウザで棋譜中継のリンク集が開きます
・メッセージ欄のタップで1手進むようになりました
・定跡を少し追加しました

■2016/08/22 ver2.0.4
・盤面を左右にスワイプして棋譜の移動(戻る/進む)ができるようになりました
  ※停止中および対局後の検討モード時のみ
・棋譜解析の結果で悪手・疑問手・好手の合計を表示するようになりました
  ※最終局面のメッセージ欄に表示
・形勢評価グラフに、推奨手の評価値を描画するようになりました
  推奨手の評価値はグレイの四角で表示されます
・piyoshogi://のURL Schemaに対応しました
・棋譜の移動で駒音が鳴るようになりました

■2016/08/18 ver2.0.3
・振り駒(先後ランダム)機能を追加しました
  ※対局設定画面で「振り駒」をONにすると、先後がランダムに入れ替わります
・前回対局時の設定がアプリ再起動後も残るようになりました
・対戦成績をクリア(リセット)するボタンを設けました
・CSA形式棋譜の開始局面で、持ち駒のAL指定に対応しました
・棋譜を読み込む際の開始局面のエラーチェックを強化しました

■2016/08/11 ver2.0.2
・iTunesのファイル共有に対応し、MacやWindowsから棋譜ファイルをiOS端末に転送できるようになりました
  ※転送して読込みできるファイルは、kifファイルだけでなくki2・csaファイルにも対応しています
・棋譜の自動再生ができるようになりました
  メニューから「棋譜を再生する」を選択してください
・メニューから局面ペディアで検索ができるようになりました
  局面を表示した状態で、メニューの「この局面を局面ペディアで検索」を選択するとブラウザが起動し、局面ペディアの検索結果が表示されます
・トップ画面に「要望送る」ボタンを設置しました
  ご意見やご要望、不具合のご連絡はこちらからお願いいたします
 ・KI2ファイルの互換性が向上しました

■2016/08/09 ver2.0.1
・AIのレベルが10段階から20段階に増えました
  ※旧バージョンの対戦成績は新バージョンの対応するレベルに変換されます
・棋譜コメントの入力・更新ができるようになりました
  ※メッセージ欄を長押しすると、棋譜コメントの編集ができます
  ※「#」で始まる行はぴよ将棋が付与したコメントですので、変更しないようにしてください
shogi.ioとの連携ができるようになりました
  (1)棋譜をshogi.ioへ投稿
  (2)投稿した棋譜のURLをツイート
  (3)shogi.ioのURLから棋譜を読み込み
・メニューの「局面テキストをクリップボードにコピー」で取得したテキストで、局面ペディアの検索(BOD検索から)ができるようになりました
・レベル1が弱くなるように調整しました

■2016/07/25 ver1.9.5
・開始局面がついたKIF・KI2ファイルを読み込み・保存ができるようになりました
  ※本アプリでは開始局面の編集はできません。他のアプリなどを組み合わせることを想定しています。
・局面のテキストをクリップボードにコピーできるようになりました
  また、トップ画面の「クリップボードから棋譜を読み込む」ボタンから局面のテキストを貼り付けできます
・「玉」を表示するようになりました
  ※後手または上手が「王」、先手または下手が「玉」となります
・直前の手のマーク(●)を少し大きくしました
・KIF/KI2ファイルの互換性が向上しました
・棋力が少し向上しました

■2016/07/18 ver1.9.4
・詰みチェック機能を設けました
  検討モードにて、メニューの「詰みチェック」より、現局面に詰みがあるかチェックできます
・「現在の局面から再開」しても対局設定に変更が無い場合は対戦成績の勝敗数やレーティングの対象となるようになりました
  ※棋譜をファイルに保存して、後で読み込んで再開した場合も対局設定に変更が無ければ対戦成績の勝敗数やレーティングの対象となります
・棋力が少し向上しました
・設定画面のレイアウトを改善しました

■2016/07/15 ver1.9.3
・iOS8での動作不良を修正しました

■2016/07/14 ver1.9.2
・入門用の駒(移動できる箇所が描かれた駒)を選択できるようになりました
  ※設定画面で変更できます
・KIF形式の棋譜に加え、KI2形式でもクリップボードにコピーできるようになりました
・ヒント/検討ボタンの思考レベル設定で、時間指定(15秒/30秒/60秒/120秒)もできるようになりました
  ※時間制御は厳密ではないため、超えたり下回ったりします
・形勢評価グラフの縦軸のスケールが評価値の範囲に応じて変動するようになりました
・棋力が少し向上しました
  ※Lv1は弱くなるように調整しました

■2016/06/30 ver1.8.7
・URLから開いた場合、メニューの「棋譜を再読込み」で更新ができますが、「更新」ボタンでも棋譜を再読込みできるようになりました
・検討モードで持ち駒を打つと対局モードになってしまうのを修正

■2016/06/28 ver1.8.6
・設定画面に「不利な時には千日手を選択する」設定を追加しました
   ※AIに千日手を打開させたい場合はチェックを外してください
・対局成績画面の勝敗記録をレーティング対象の条件と合わせました
・レーティング対象および対戦成績の勝敗数の対象となる条件を変更しました
  【変更前】待ったは2回まで、ヒントの使用は2回まで
  【変更後】待ったは6回まで、ヒントの使用は3回まで
・アプリ起動時に1/5の確率でレーティングを再計算するようにしました

■2016/06/20 ver1.8.4
・1文字駒を追加しました ※設定画面から変更できます

■2016/06/07 ver1.8.0
・対局開始画面および対戦成績画面にプレイヤーのレーティングが表示されるようになりました
・棋譜解析にて、詰めろがかかっている局面には【詰めろ】と表示されるようになりました
   ※必至の判定はありませんので、必至も【詰めろ】と表示されます
・検討モードにて、「メニュー」から「ヒント」を選択できるようになりました
   ※検討モード時は形勢評価値も表示されます
・棋譜ファイル保存時の初期ファイル名を[piyo_日付_時分]から[piyo_日付_時分秒]に変更しました
・棋力が少し向上しました

■2016/06/04 ver1.7.0
・ぴよ将棋が付加したコメント(#で始まる)以外のコメントがある差し手には、対局画面の指し手の一覧に「*」マークが表示されるようになりました
  ※ぴよ将棋ではコメントの入力ができないのでネットからダウンロードした棋譜向けの機能です
・対局開始画面にAIのレーティングが表示されるようになりました
・定跡の選択方法を変更し、違った展開になりやすいようになりました(囲いを指定しない場合のみ適用されます)
・AIのレーティングを50刻みから10刻みに変更しました
  合わせて、レーティングを微調整しました

■2016/05/28 1.6.0
・対戦成績画面にてAIの各レベルのレーティングが表示されるようになりました
  ※レーティングはぴよ将棋独自のものです
  ※レーティングは端末のCPU性能やコア数などの設定値によって変化します
  ※端末のCPU性能は画面下部の「ぴよベンチ」スコアで確認できます
・「負けを読みきったら投了する」のチェックが外れた設定の場合、手がない場合に手番がおかしくなることがある不具合を修正しました

■2016/05/25 ver1.5.0
・相入玉時の対応をしました
  ー相入玉時に双方が24点以上の場合はメニューより「持将棋で引き分け」を選択できます
  ー相入玉時にコンピュータ側が24点未満の場合は投了します
    ※プレイヤー側が24点未満の場合は任意で投了してください
・対局中・検討中はスリープしない(画面が消えない)設定ができるようになりました
・AIのレベルを6段階から10段階に細分化しました
  ※全体的に棋力を調整しました
  ※ひよこがバージョンアップして色が変わりました
  ※過去の対局結果は以下のように変換されます
    レベル1 ひよこ ⇒ レベル2 ピヨ吉
    レベル2 ピヨ太 ⇒ レベル4 ピヨ太
    レベル3 ひよな ⇒ レベル6 ピヨ士
    レベル4 ピヨ丸 ⇒ レベル7 ひよな
    レベル5 ひよよ ⇒ レベル9 ひよよ
    レベル6 ピヨ帝 ⇒ レベル10 ピヨ帝
・駒が動かせない時には理由も表示するようになりました
・CPUコア数の設定の初期設定を1コアに変更しました
  ※バージョンアップ時に1度だけ1コアに変更されますので、必要に応じて再設定をお願いします
・対局結果画面にCPU性能を表す「ぴよベンチ」の結果を表示するようになりました
  今後、この値は各レベルの参考レーティング表示に使用する予定です

■2016/05/20 ver1.4.0
・検討モードで駒を動かすことができるようになりました
  ※本筋に戻す時は、メニューから「棋譜を本筋に戻す」を選択してください
・WEBからダウンロードした棋譜の場合、「棋譜を再読込み」ができるようになりました
  ※floodgateの観戦などに御利用ください
  ※「棋譜を再読込み」すると棋譜解析の結果はクリアされますので御注意ください
・設定画面でAIに使用するCPUコア数の変更ができるようになりました
  ※「2コア」の方が棋力が高くなりますので、通常は「2コア」を選択してください
    バッテリー消費を抑えたい場合などに「1コア」を設定してください
・形勢評価グラフで、タッチしたまま左右に移動ができるようになりました
・AIの棋力を調整しました (Lv1〜5を若干弱く、Lv6を若干強く)

■2016/05/12 ver1.3.0
・iCloudDriveやメールの添付ファイルから棋譜(KIF, KI2, CSA形式)を読み込むことができるようになりました
・棋譜ファイル(KIF形式)をメール添付など他のアプリへ送ることができるようになりました(対局画面「メニュー」-「棋譜ファイルを他のアプリに送る」)
・棋譜解析の精度が向上しました
・Lv3以上の棋力が少し向上しました
・Lv1の棋力を弱く調整しました
・対局画面にひよこの絵を表示しない設定を追加しました
・対局中にひよこの吹き出し形勢コメントを表示しない設定を追加しました

■2016/05/04 ver1.2.0
・コンピュータ側の居飛車/振り飛車・玉の囲いを指定できるようになりました
  ※指定された囲いを目指そうとしますが、指定通りにならない場合も多々有ります
・盤面をツイート及びFacebookへ投稿することができるようになりました
・[<][>]ボタンの長押しで、「開始局面」「終了局面」に移動できるようになりました
  ※これまで通り「メニュー」からも可能です
・手がなくなった際に表示される「負けました(手がありません)」のダイアログで、キャンセルが押せるようになりました
  ※手がないので、待った(戻る)しかできません
・棋譜解析で悪手・好手の判定を調整しました
・Lv3以上の棋力が少し向上しました
・棋譜解析の精度が若干向上しました
・安定性が向上しました

■2016/04/28 ver1.1.0
・成りダイアログのボタン位置(左右)を変えられるようになりました(設定画面で変更します)
・棋譜解析で好手の判定をするようになりました
・トップ画面にTipsを表示するようになりました
・iTunes等で再生されている音楽を止めないように修正しました
・iPadの場合に、一部文字を大きくしました
・盤面の描画を少し高速化しました

■2016/04/22 ver1.0.0
・新規公開